子供に「怖い時はタクシーに駆け込む」を教えよう

あまり子育てブログは見ない管理人ですが、
ねむたいさんの子育てパパが何かやらかしていますが好きです。
パパ目線のTipsは役立つことに特化されていて、スッキリ見やすいのでお気に入り。

さて、その子育てパパが何かやらかしていますで、
こんな興味深い記事がアップされていました。

怖い目にあった時はタクシーに助けを求める。ひとつの選択肢として子どもに教えておこう。

この記事を拝見するまで、タクシーには
子供に助けを求められたタクシーは、実車・空車に関わらず子供を保護して警察に通報することになっている」という決まりがあるなんて知りませんでした。

…タクシーを子供の活動県内で頻繁に見るか、といえばそうでもない地域も少なくないとは思います。
私の実家周辺なんて車どころか人が(以下自主規制)。

しかし知ってることはどれだけ助けになるか。
「守ってくれる大人は親だけ」という状況しか知らなかったら、
こういうセーフティーネットで救われるはずのハプニングの対応も変わるはずです。

怖い目にあった時はタクシーに助けを求める。ひとつの選択肢として子どもに教えておこう。
には、さらに詳しく、
・実際に子供が助けを求めたらどういう手順で助けるか
・全国で同例に取り組んでいるタクシー会社がある都道府県
も掲載されています。

一人で街を歩く時間があるお子さんを子育て中の方、ぜひお子さんにお話してあげてくださいね。
ウチは…小学校に入ってから(あと5年後か)に話してみます。
それまではハーネス!

※ねむたいさん、シェアのご許可ありがとうございました!

1 Comment

ねむたい

お礼が遅くなりました。

スッキリ見やすいかどうかは自分ではあんまりそう思っていないのですが、素敵にご紹介いただきましてありがとうございます。

今後ともひとつ宜しくお願い申し上げます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です