母の残念プレート1

赤ちゃんがまだねんね期、あるいはずりばいのあたりだと、
テーブルに小鉢を何個も並べてたくさんの副菜と共にゆっくりお昼を食べることも可能でした。

しかし!しかしですよ!!

つかまり立ちを始めたころからは、
いかに安全に、早く、バランスよく栄養を摂取できるか』にシフトせざるを得ないわけです。

茶碗を持ち上げた傍から子は棚に向かい、つかまって……どてん!!

箸を整えたら小さな手がテーブルに伸びてきて、強奪される事件が頻発。
持つだけならまだしも、そのまま後ろにどてん! なわけです。

転倒しても大けがしないようにマットを敷いたり、
角にゴムなどのクッションつけたりしてもどういうわけか、

保護されてない場所で転倒する。

Amazonで見つけた、赤ちゃん用のヘルメットは嫌がって脱ぎ捨てられる。

もうね、これは仕方ない。
おしゃれさを徹底的に排除するしかない。

いいよいいよ、お母さん、ご飯もおかずも一気に食べるから。

というお昼がこれです。
IMG_2076

レンジ対応のボールにご飯、汁、野菜を入れてレンチン、
納豆などの具材でタンパク質を取り入れた非常に機能的な一品。

今回はひじきも入ってるので、鉄分・カルシウムもばっちり!

しかもスプーンで食べられ、片手で持てる!

これ以上機能性を排除することは不可能なはず。

こんな食事が続きましたよ。
画像がたくさん出てきたので、小出しに紹介していきますからね(求められてない)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です